HOME>注目記事>介護の負担を軽減できる〜福祉車両の便利な機能〜

福祉車両とは?

障がいのある方でも安全に利用できるように、一般車両には無い様々な特殊な機能が搭載されている車両が福祉車両です。

福祉車両と一般車両の違い

一般車両

一般車両は基本的に健全な方が乗っている車両のことを指します。

福祉車両

一般車両と違って福祉車両は様々な機能が搭載されています。車椅子のまま乗車できるように昇降機が付いていたりします。

福祉車両の活用方法

福祉車両は、障がいのある方でもアクティブな生活を可能にします。日常のショッピングなどのお出かけからレジャー施設など遠方への外出もサポートします。

福祉車両の役立つ機能TOP5

ミニチュア
no.1

車いす用スロープ

車椅子を利用される方向けに、車椅子に載ったまま乗車ができる車椅子用のスロープを装備した福祉車両があります。

no.2

回転昇降可能な椅子

障がいをお持ちの方が椅子に座ったまま乗車できるように、回転昇降できる椅子が装備された福祉車両もあります。

no.3

車椅子固定装置

車内で車椅子が動いてしまうと事故の原因になってしまいます。そのようなことがないように福祉車両には車椅子を固定する装置が装備されています。

no.4

クレーン

車椅子や重い荷物などを車内のトランクに積むことができるクレーンなどを装備している福祉車両もあります。

no.5

脱着可能なシート座席

脱着可能なシート座席を装備している福祉車両もあります。ストレッチャーのまま乗車される方がいらっしゃる時は、不要な座席は外すことができるので便利です。

介護の負担を軽減できる〜福祉車両の便利な機能〜

車いす

福祉車両の種類とそれぞれの特徴

福祉車両には大きく分けて障がいを持っている方が運転しやすい補助機能のついた「自操式」と、高齢の方や車椅子の方が介助者の協力を得て乗せてもらうことを想定している「介護式」の2種類があります。

福祉車両で快適な生活が送れる!

福祉車両は、障がいのある方でも快適にそして便利で安全に利用できる機能が搭載されています。多種多様な福祉車両がありますが、ご自身にあった福祉車両を選びましょう。

広告募集中